防犯カメラの工事を申し込む【設置の依頼が簡単】

ニュース一覧

取り付ける目的

防犯カメラ

どこに設置するか

防犯カメラを取り付ける目的は、何でしょうか。防犯カメラを、不審者を威嚇する目的で取り付けるのであれば、目立つ場所に取り付けた方が良いでしょう。犯人を特定する目的で取り付ける場合は、設置していることを知られないように隠れた場所に取り付ける必要があります。犯罪を未然に防ぐ目的で設置する場合と、犯人を記録する目的で設置する場合があります。玄関先の不審者を確認する目的であれば、不審者が写りそうな場所に取り付けましょう。玄関以外に窓や勝手口など複数の場所に、不審者が侵入しそうなところに設置した方が良さそうです。複数の防犯カメラを設置することで、より防犯効果が高くなります。車上荒らしなどを防ぐ目的で取り付ける場合は、駐車場に設置することになるでしょう。防犯カメラを取り付ける目的によって、設置する場所が異なります。昼間だけでなく、夜間に撮影する必要がある場合は、赤外線装置の付いた防犯カメラを購入しなければなりません。防犯カメラには、さまざまな種類があります。屋外に設置する場合は、防水機能の付いたものを購入すれば、雨がかかっても心配いりません。なお、防犯カメラと一緒に取り付けることで効果があがるのが、「人感センサーライト」です。人感センサーライトを取り付けると、夜間に暗い中で人が通ったときに自動的にライトがつきます。不審者に浸入をあきらめさせる効果があると言われています。防犯カメラと一緒に取り付けることをおすすめします。