防犯カメラの工事を申し込む【設置の依頼が簡単】

ニュース一覧

ダミーでも効果がある

防犯カメラ

死角に設置しよう

防犯対策の一つに防犯カメラの設置が挙げられます。特に業者に相談をしなくても、自力で用意することは可能です。というのも、最近は近所のホームセンターやディスカウントショップなどでもたくさん売られているからです。他には家電量販店にも売られています。これらのお店を訪れて、手頃なものを購入してみましょう。それから、防犯カメラは映らないものでも可能です。ダミーとして設置するだけでも防犯効果を得られることがあるからです。例えば、泥棒の気持ちになって考えてみましょう。玄関にそれがダミーであっても防犯カメラが設置されているところが見えたら、その家に入ろうとは思わないはずです。防犯カメラ以外の防犯対策も何かしている可能性があります。そんなふうに思ってもらえるだけでも防犯効果が出たと言えるでしょう。費用をかけたくないという時にはダミーの防犯カメラを設置することをおすすめします。最近はパッと見ただけでダミーだとは分からないように、精巧な造りになっているものが多いので安心です。もちろん、本来なら本物を設置した方が効果は絶大と言えるでしょう。録画機能のある高品質な防犯カメラを設置する場合には、設置する位置に気をつけることがポイントです。特に死角になるようなところに設置することをおすすめします。書店などでは店員の目が届かないようなところに設置されているものです。こうして万引きを防ぐというわけです。もし、万引きが成立してしまっても、後で録画した映像を観ればすぐに犯人を見つけることができます。